KANSAI AIRPORTS

ヨーロッパおしゃベラー 関西空港発、旅行者が集う旅の情報ログ

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

国・地域情報

スペイン

おいしい食事と酒とお話しと。
人生をおおらかに楽しむ国へようこそ。

01 ひと言では語れない、旅の魅力があふれています。

スペインで最近人気の観光スポットは、独自の言語と文化を持つバスク地方。特に海辺のリゾート地サン・セバスティアンは、ピンチョス(スライスしたフランスパンに食べ物をのせた軽食など)の食べ歩きをはじめ、ミシュラン3ツ星レストランが集中している美食の街として有名です。さらに、ビルバオは現代アートとデザイン、建築の街として感度の高い人から注目を集めています。ユネスコの世界遺産であるサンティアゴ巡礼の道も、最近挑戦する人が増えてきました。フランスからサンティアゴへつづくフランスルートは、スペイン国内だけでも800kmもあり、1000年以上もの歴史があります。巡礼地沿いには美しい自然の風景だけではなく、歴史的建造物やグルメなどを楽しめるのもポイントです。宗教的な理由だけではなく、地元の人の温かさを体験したり、外国の人と友だちになったり、自分を見つめ直すためや達成感を得るためなど、約ひと月の旅に挑戦する人が増えてきています。

02 おいしいものがたくさんあって、何を食べてもハズレなし。

温暖な気候と恵まれた地理的条件から、スペインは快適な滞在ができるのも魅力。食材が豊富で料理とワインがおいしく、最近人気沸騰のバルでのタパス(小皿料理)やピンチョスといった食事は、少ない分量でいろいろ食べることができるので、日本人観光客に向いているとも言えます。スペイン人はおおらかで明るく前向き、しかも食いしん坊でお話し好きなので、バルで友だちができるなんてこともあるかもしれませんね。旅行の間に食べて欲しいものを挙げるとすれば、本場バレンシアのパエリア、塩加減が絶妙でおいしいエビのアヒージョ、イベリコ・デ・ベジョータの生ハム、乳のみ仔羊のロースト、ボカディージョ(フランスパンのサンドイッチ)など切りがありません。いろんな街を訪ねて、気になったものを食べれば、きっとそれが最高の食事になるはずです。

03 スペインに1日しかいられないなら、迷わずトレドへ。

バルセロナのサグラダ・ファミリアやミラ邸、マドリードのプラド美術館やソフィア王妃芸術センターなど、スペインへの旅行は行きたいスポットが目白押し。ただ、その中でも機会があれば訪れてほしい都市が“トレド”です。トレドの旧市街は、タホ川に囲まれた天然の要塞。ユダヤ教・イスラム教・キリスト教の3つの文化が融合した、スペインでも最も重要な大聖堂がここにはあります。その魅力は、「スペインに1日しかいられないなら迷わずトレドへ行け」という言葉があるほど。ここでの体験はきっと素晴らしい思い出になるはずです。さらに、グラナダのアルハンブラ宮殿もぜひ訪れてほしいところ。イスラム教徒の要塞宮殿は、外は頑丈ですが、一歩中に入ると繊細な装飾が空間を飾り、花々と水が織りなす楽園の雰囲気。イスラムの高い美意識をきっと実感できます。

  • おしゃベラーPoint1『オススメのお土産』

    • トゥロン
      クリスマスシーズンに食べるお菓子。アーモンドヌガーやチョコレートなど種類が豊富です。
    • 靴やバッグの革製品
      実はスペインのレザーは上質なことで有名。日本より安価で購入できるので、上質なものを現地で手に入れるのがオススメ。
    • オリーブオイル
      スペインは世界一のオリーブオイル生産国。そのクオリティも優れています。
  • おしゃベラーPoint2『ショッピング情報』

    バーゲンが本格的にはじまるのは基本的に夏は7月から、冬は1月7日からです。

    エル・コルテ・イングレス百貨店では、外国人旅行者を対象にバウチャーを印刷して持参すると10%OFFの待遇を受けることができます。

  • おしゃベラーPoint3『覚えておくといい言葉』

    • こんにちは/¡Hola!(オラ)
    • ありがとう/Gracias(グラシアス)

さらに詳しい情報はこちら

Loading